ボトックス注射って本当に安全?

身体や顔の悩みをボトックス注射で解消【副作用の危険アリ】

自身を取り戻す方法

鏡を見る人

美容皮膚科の美容施術の一つにボトックス注射があります。ボツリヌス菌の製剤を活用する事で小じわの解消などの美容効果を得られる、しかも注射で効果を期待出来るため注目を集めています。

体の悩みが改善できる施術

医者

副作用には注意が必要

顔や体に悩みを抱えているとしても、美容クリニックで相談してみれば自分の理想の外見に近づけてもらうことができます。しかし、手術をするとなると入院の必要があったり手術後には痛みや腫れなどのダウンタイムにも悩まされることになり、今までと同じような日常生活をそのまま続けるのは困難であることから、仕事は絶対に休めないという人には難しいこととなってしまいます。また、手術をすればもともとの自分から大きく変化させることができるものの、突然外見が変わったことで他の人には違和感を持たれることにもなってしまいます。プチ整形は、手術をすることなく注射やレーザーなどの方法で整形施術を行う方法であり、医学の力を用いて体の中から変化させることができます。日帰りでその日のうちに処置してもらうことができ、注射であれば1時間もかからずに完了してしまいます。注射でのプチ整形は、悩みに合わせてさまざまな種類の薬が利用されていますが、中でもボトックス注射は多くの人に利用されている人気の施術です。ボトックス注射は、顔や体などあらゆる部位に利用されることになり、筋肉の動きを弱めることができる機能を持っています。それとともに筋肉が小さくなっていくので、スリムに見せる目的でも利用されています。二の腕やふくらはぎが太くて悩みを抱えている人にとっては、脂肪を疑ってしまうこともあります。しかし、以前に激しい運動をしていた人や筋肉質な体型という人になると、筋肉が原因となって手足が太く見えているケースもあります。この場合に、的を絞ってボトックス注射を施すと、部分痩せとしても利用することができます。ボトックス注射は顔にも処置することができ、小顔目的の美容施術としても活躍をします。また、ボトックス注射は小顔以外にも、しわを改善できたり、多汗症の悩みを解消したりできます。そのため、多汗症やしわなどで悩んでいる人は、一度利用してみるとよいでしょう。しかし、ボトックス注射による施術を受ける際には、注意しなければならないこともあります。それが副作用です。ボトックス注射による副作用は個人差があり、人によっては、治療後に痛みや腫れなどの症状が出る場合があります。これらの痛みや腫れなどはほとんどの場合、長くても1週間ほどでは、治まるとされています。しかし、もし痛みや腫れなどがなかなか引いてくれない時や更にひどくなるような時などは、すぐに病院へ行き医師に相談することが大切です。また、痛みや腫れだけでなく、頭痛や眼瞼下垂などの症状が起こる場合もあるので、その場合でも我慢せずにきちんと医師診てもらうようにしましょう。そうすることで、最悪な事態になることを回避でき、自分の理想とする顔や体を手に入れることができます。また、ボトックス注射の治療を受ける際には、美容クリニック選びも重要となります。そのため、事前にクリニックについても詳しく調べておくとよいでしょう。調べる時に重視するポイントとしては、これまで行なってきた施術の実績や施術にかかる費用、施術内容といったように様々な点が挙げられます。このような点に注意しながらクリニックを探すことで自分に合ったところが見つかるため、しっかり内容を確認してから利用するようにしましょう。

ボトックス注射しませんか

カウンセリング

美容整形外科でよく行われているボトックス注射はシワの改善や上まぶたのたるみ取り、花粉症改善や多汗症治療にも使われています。美容以外でも興味があれば美容整形外科の受診をお勧めします。

ボトックス注射で美顔

看護師

ボトックス注射はいわゆるプチ整形として人気です。シワ伸ばしで有名ですが、それ以外にも小顔になれたり、太いふくらはぎをほっそりできたりする可能性がある、すぐれた美容法なのです。