婦人

身体や顔の悩みをボトックス注射で解消【副作用の危険アリ】

ボトックス注射で美顔

看護師

色々使えるボトックス注射

ボトックス注射というとシワ伸ばしというイメージが強いかもしれません。実はそれ以外にも様々な効果がある、すぐれた美容法なのです。ボトックス注射に使われる成分はボツリヌス菌から抽出されています。食中毒で知られる菌なので心配されるかもしれませんが、毒素は抜いているので大丈夫です。ボトックス注射がシワ伸ばしに使われるのは、筋肉の動きを抑制する効果があるからです。顔のシワは筋肉が動きすぎることで発生するケースがあるので、そういった場合にはかなりの効果があるのです。しかも注射をするだけで傷跡は残らない、いわゆるプチ整形ですから、気軽に行う人も増えています。また、筋肉の動きを抑制する作用から、小顔効果を得られることもあります。顔が大きい原因はいくつか考えられますが、その中でも筋肉が発達し過ぎるケースがあります。この場合、ボトックス注射で筋肉の動きを抑制することで小顔になれる可能性が高いです。骨格が原因の場合は効果がないので注意してください。またシシャモのように膨れたふくらはぎの脚やせにも用いられることがあります。ふくらはぎに無駄に筋肉が多くついてしまったことがシシャモになる原因です。そこで筋肉の動きを抑制することで筋肉が落ち、すらりとした脚になるというわけです。足が太い原因が脂肪の付き過ぎの場合には効果がないことは知っておきましょう。脇汗を抑える目的で注射をすることもあります。ボトックスにはエクリン汗腺の働きを抑える効果があるからです。ただ効果は期間限定なので、持続したいなら定期的に注射をする必要があります。このようにボトックス注射は様々な効果があるすぐれた美容法なのです。ただ、ボトックス注射といっても注射液にはいくつかの種類があります。あまりに安価で施術を提供している場合、あまりよくない注射液を利用していることがあるので注意しましょう。またボトックス注射は注射をするだけととても簡単ですが、その分効果も期間限定となっています。シワを伸ばしはもって半年といわれているので、永続的な効果を期待したいなら、定期的に注射をするか、他の方法を選択することになります。それとボトックス注射でシワ伸ばしをする場合に注意したいのが、すべてのシワに効果があるわけではない点です。表情筋の働きを抑えることでシワを抑えるのですから、いわゆるゴルゴラインや眉間のシワなどには効果がありますが、ほうれい線にはあまり効果が期待できません。というのはほうれい線の主な原因はコラーゲンなどの肌のハリをもたらす物質の低下、筋力の低下、そして水分不足によってシワの溝がくっきりついたことなどです。そのためボトックスをするとただでさえ低下している筋力がさらに低下し、改善するどころか悪化する可能性もあります。くっきりした溝の深いほうれい線の治療は、ボトックスではなくヒアルロン酸注入などが適切です。ボトックスで美容効果を得たいなら、まずは美容クリニックで初回カウンセリングを受けることです。このカウンセリングでなりたい顔になれるのか判明しますし、具体的な施術法や料金なども教えてもらえるからです。