婦人

身体や顔の悩みをボトックス注射で解消【副作用の危険アリ】

自身を取り戻す方法

鏡を見る人

ボトックス注射の仕組みと効果

最近は40代や50代に入っていても若々しいステキな女性が多いと感じている人も多いのではないでしょうか。これはファッションやヘアスタイルなど、年齢に応じたスタイルを持つ、その人らしさを持つファッションを決めているなどからも、若い雰囲気を持つ40〜50代の女性が多いと言われています。しかし、どんなにファッションやヘアスタイルを決めていても、隠し切れないのが小じわ、ほうれい線です。年齢と共に小じわは多くなる、ほうれい線は個人差がありますが、深い溝となるので目立つようになるなどです。鼻の両側当たりから口元に浮かび上がる溝のようなものがほうれい線です。ほうれい線は一度出来ると戻りにくい、さらに目じりなどのシワと違って大きく目立つなどからも、気になってしまう女性は多いと言えましょう。メイクでも中々隠しにくいのがほうれい線ですが、ほうれい線は美容皮膚科などの美容施術メニューに必ず含まれているもので、ボトックス注射やヒアルロン酸などの方法でほうれい線を目立ちにくくしてくれます。ボトックス注射の薬剤には筋肉を和らげる作用があります。小じわなど気になる部分にボトックス注射を行うと局所的に筋肉の動きを抑えてくれます。小皺の原因は筋肉が硬くなってしまうなどで起こるもの、ここにボツリヌス菌の製剤を投与する事で柔らかくなるため小じわが消えるなどの仕組みを持っています。そのため、ほうれい線などの目立つ部分にも有効と言われているわけです。ちなみに、加齢に伴い肌のハリや弾力は低下してしまうと言われています。思い切り笑った時、怒った時などには眉の間に力が入る、こうした状態の時に肌のハリや弾力が失われていると、表情筋がついて行けなくなるため表情ジワと呼ぶものがつきやすくなります。笑った時におでこ、目じりなどにしわが表れやすくなってしまいます。ボトックス注射の製剤でもあるボツリヌス菌には神経伝達物質でもあるアセチルコリンの作用を弱める働きがあり、この作用により筋肉の働きを抑えてくれます。表情筋により出来るおでこや眉間のシワはボトックス注射を行う事で、表情変化による筋肉の収縮が減るためシワが目立ちにくくなるなどの仕組みを持っています。また、ほうれい線は頬の筋肉の衰えにより起きると言われているので、たるんでいる頬を持ち上げる事が改善に繋がって来ます。そのため、ほうれい線にボトックス注射を施しても、小じわなどと同じような効果を期待する事は難しいわけです。最近では、ヒアルロン酸などを併用してほうれい線を目立たなくする美容施術に注目が集まっているのはこうしたデメリットがあるからです。美容皮膚科の美容施術の中にはワキガや多汗症などの症状緩和術もあります。ワキガはアポクリン汗腺から分泌される汗が常在菌で分解が行われる事で臭いを持つのが特徴、多汗症はエクリン汗腺から分泌される汗の量が多い症状などの違いがあります。ボトックス注射はアポクリン汗腺やエクリン汗腺に働きかけて汗の量をコントロールする作用を持っています。注射器を使って製剤を投与する事で、汗の量を抑えてくれる、汗の悩みを解決に導いてくれるわけです。